FXトレード手法

FXトレードはメンタルを鍛えても成功しない理由(無料)

FXトレードはメンタルを鍛えても成功しない理由

「FXトレードはメンタルを鍛えても成功しない理由」では、FXトレードを行う上で単にメンタルを鍛えるだけではうまくいかない理由を述べました。そしてその対処法についても解説しています。

FXトレードは「メンタルを鍛える必要がある」という文言をよく見聞きしたことがあると思います。主にこれはスキャルピングに言われることで「素早い判断」「高速操作」「画面に張り付く根性」といったシューティングゲームさながらの要素が必要なトレードスタイルの場合は、特にそのように言われています。

そしてこれを説明するとき、よく引き合いに出されるのがスポーツ選手の精神論です。例えば野球選手のように、常日頃から規律やルールを守り、日夜素振りやピッチングの練習にはげみ、自分流のフォームを固め、本番で何回も実践を重ねることで実力を高めていく。

スキャルピングでも同じく、虎視眈々とシステマチックにトレードを行うために、日常生活における規律やルールを守って己を正し、日夜相場分析及びトレードの練習にはげみ、自分流のトレードスタイルを確立して、自己資金でのトレードという本番で何回も実践を重ねることで実力を高めていく。

確かに両者は以外にも共通点が多く、あながち間違いとも言えません。実際にそのようにしてトレード力を養い、実力を高めていく以外にFXで成功する方法はないと言えるでしょう。また、実践を繰り返していくことで、FXトレードは軌道に乗せることもできるようになります。

しかしながら、こういったスポーツ選手の精神論だけでは、FXトレードは克服できない大きな壁が存在します。どれだけ強靭なメンタルを持った人間でも相場における行動、いわゆる「トレード」になると「まるでダメ」になってしまうある「要素」が存在します。

当「FXトレードはメンタルを鍛えても成功しない理由」ではこういった要因を詳しく解説し、そういった場合の対処法についても解説しています。