FXトレード手法

FXボリンジャーバンド逆張りトレード手法(4時間足スイングFXトレード手法)

FXボリンジャーバンド逆張りトレード手法(4時間足スイングFXトレード手法)

「FXスイングトレード手法!(4時間足)ボリンジャーバンドを活用したFX逆張り手法の極み!環境認識も取り入れた4時間足乖離トレード手法で30PIPSを安定的に稼ぐ!」4時間足とテクニカル指標の代表格「ボリンジャーバンド」を活用したFXトレード手法です。

4時間足はFXトレードではもっともよく使用されている時間足とされており、機関投資家やヘッジファンド、大口投資家なども注目している時間足となります。

そのため「4時間足が最強の時間足」とも言われており、4時間足に形成されたチャートパターンを起点として、全時間足にトレンドが発生することが多くあります。

また4時間足は中期間であるため短期トレーダーと長期トレーダーの両者からも、トレンド把握のために利用されている時間足となります。

「FXスイングトレード手法!(4時間足)ボリンジャーバンド手法」は、そのようなFXトレードにおいて中心的存在である4時間足を活用したボリンジャーバンドの乖離トレード手法となっています。

ボリンジャーバンドの逆張りFXトレードという勝率の高いFXトレード手法に、フィボナッチリトレースメントを組み合わせることで、トレーダーの感覚によるトレードを排除し、システマティックに淡々とトレードができるシステムに仕上がっています。

つまり「プラスマイナス2シグマで買いだ!売りだ!」というような単調なFXトレード手法ではなく、コツコツドカンの原因となりうるスキャルピングの逆張り要素を排除し、あくまで「システマティック」に「根拠のある値」で「明確なトレード」を行います。

感覚に頼ってのFXトレードではなく「なぜそこでエントリーをしたのか?」「なぜそこで損切りや利益確定をしたのか?」といった、しっかりと根拠に基づいたFXトレードが行えるようになります。

こういった根拠の創出にフィボナッチリトレースメントを使用するため「エントリーポイント」「利益確定」「損切り」はともに明確です。加えて、チャートパターンも活用し、勝率や期待値を格段にアップさせています。

さらにマルチタイムフレーム分析(環境認識)を行うことにより、上位時間足のサポート・レジスタンスに沿ったトレードが可能となります。

リスクリワード(損益比率)は常に「1(損失):1(利益)」以上を確保でき、FX乖離トレード手法としてはまさに「非の打ち所がない」といっていいほど、至高のFXトレード手法に仕上がっています。

奇をてらったFXトレード手法をいくつも覚えるより、相場の原理原則に基づいて行うトレード手法をひとつ覚えたほうが、真のトレード力が身につきます。

■当「FXスイングトレード(4時間足)ボリンジャーバンド手法」でFXトレードを行うメリット

1.奇をてらったFXトレード手法ではなく、相場の原理原則に基づいたFXトレード手法です

2.ボリンジャーバンドに加え、フィボナッチリトレースメント、チャートパターンも活用した王道乖離FXトレード手法です

3.マルチタイムフレーム分析(環境認識)を取り入れ、勝率をアップしています

4.トレーダーの「感覚」によるFXトレード手法ではないため「エントリーポイント」「利益確定」「損切り」はともに明確です

5.リスクリワード(損益比率)は「1:1」(損失:利益)ですが、それを補う「勝率」が高いFXトレード手法であるためトータルで期待値は高くなります

6.上位足のサポート・レジスタンスが分かります

7.トレードのコツや負けを減らす方法も解説しています